佐藤病院グループ
                                                                www.sato-hp.com
医療法人
明 芳 会
■ 佐 藤 病 院
老人保健施設
■ や す ら ぎ
訪問看護ステーション
■ ち ゃ い む
■ 居宅支援事業所
社会福祉法人
一 耀 会
特別養護老人ホーム
■ う ら ら か
■ ケアハウス
短期入所
■ う ら ら か
ヘルパ−ステ−ション
■ ち ゃ い む
株式会社
SHメディカル
グループホーム
■ か え で
介護付有料老人ホ−ム
■ あいらの杜 福吉
介護付有料老人ホ−ム
■ あいらの杜 新保 
トピックス
「病院の日・看護の日」
平成19年5月15日(火)に「病院の日・看護の日」の催しを行いました。
 午前の部の無料検診には50名のご参加をいただきき、血圧・体脂肪・血糖・尿検
査などを受けていただきました。
 今回は体力測定も行い、健康管理だけでなく健康意識を深めていただく良いきっ
かけになったのではないかと思います。医療・福祉・栄養相談コ−ナ−にも多数ご
参加をいただきました。
病院の日・看護の日

 午後の部は講演会を開催いたしました。54名のご参加をいただき、当院、診
療部長
片山江里子先生から「メタボリックシンドロームについて」お話がありました。
 また、4月に導入しました<血圧脈波検査装置>による動脈硬化度の測定検査
のご案内を行いました。
<講演内容>
 メタボリック(代謝)シンドローム(症候群)とは代謝異常症候群のことです。
 日本人の三大死因はがんで約32万人、心臓病・脳卒中合わせて約30万人とい
われており、動脈硬化が関係しています。内臓脂肪が蓄積することが原因でおこる
生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満症)には注意が必要です。
 メタボリックシンドロームのめやす(危険因子)として、腹囲において男性85cm以
上、女性90cm以上とされますが、実際は同じ腹囲でも脂肪量は違います。(CTス
キャンで内臓脂肪の面積を計測し100cu以上が危険因子となります)
 腹囲に加えて、血圧が収縮期(上)130mmHg以上・拡張期(下)85mmHg以上、
空腹時血糖110mg/dl以上、中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロ−ル(善玉
コレステロ−ル)40mg/dl以下という項目の中で2つ以上該当すればメタボリックシ
ンドロ−ムといわれます。
 危険因子の数と心臓病発症リスクは1つで5倍、2つで10倍、3つで30倍といわ
れています。1つ1つをコントロールしていく必要があります。
 まず、生活習慣を改善しましょう。予防にはまず体重コントロールをしましょう。
知らない間に食べ過ぎていませんか?運動を取り入れることも効果的です。。
こまめに身体を動かすことが、エネルギ−を消費しやすい身体をつくります。
 メタボリックシンドローム対策として「3・3運動」が推奨されています。体重3kg減・
腹囲3cm減で糖尿病リスク1/3に減少します。小児の生活習慣病も危惧されてい
ます。子供のときから低脂肪で薄味の食事を摂り、身体を動かすように家族みんなで心掛けましょう。

ご参加いただきました皆さまありがとうございました。
来年も予定していますのでふるってご参加ください。
           
                              地域医療福祉連携委員会

 トップペ−ジへ                     このペ−ジのトップへ
Copyright Sato Hospital All Right Reserved.