佐藤病院グループ
                                                                www.sato-hp.com
医療法人
明 芳 会
■ 佐 藤 病 院
老人保健施設
■ や す ら ぎ
訪問看護ステーション
■ ち ゃ い む
■ 居宅支援事業所
社会福祉法人
一 耀 会
特別養護老人ホーム
■ う ら ら か
■ ケアハウス
短期入所
■ う ら ら か
ヘルパ−ステ−ション
■ ち ゃ い む
株式会社
エス・エッチ・メデカル
グループホーム
■ か え で
介護付有料老人ホ−ム
■ あいらの杜 福吉
介護付有料老人ホ−ム
■ あいらの杜 新保 
トピックス
『AED・救急蘇生法』について〜職員研修より〜】

ここ数年、市内の公共施設や大型店舗の案内板に『AED』という表示を多く目にします。
この『AED』とは「自動式体外除細動器(Automated External Defibrillator)」の略で、意識なく倒れている人に対し、電気ショックを与えて心拍の再開を図ろうとする機械のことです。
佐藤病院でも受付に設置してあります。

「病院の職員であるからこそ、救える命を救う術(すべ)とAEDの使用法を習得しておくべきである」と考え、医療安全研修会『私達佐藤病院職員が知っておくべき救急法の話』を開催しました。

佐藤病院小倉医師による講話の後、参加職員全員が「倒れている人の発見〜救急隊到着」を想定したシミュレーションを行い、練習用のAEDを使用した機械の操作方法の習得と人形を使った胸骨圧迫などの訓練を行いました。
AEDの操作方法・救急蘇生法を学んだことは「知らない・分からない」ではなく「今、目の前にいる「命」をつなぐために出来る事をする」ことを意識する大変重要な機会となりました。
今後、「医療機関関連グループ」の職員として、一社会人として、急変した方の「命」を守るために出来ることを実践していきたいと思います。

 トップペ−ジへ                  このペ−ジのトップへ
Copyright Sato Hospital All Right Reserved.